最近、昔本当に美味しかった洋酒を手にとって

Writer: admin Type: regalmach Date: 2019-01-09 00:00
最近、昔本当に美味しかった洋酒を手にとって見ましたが、ウィスキー、ブランデーともに最悪の薄い味になっていました。ジョニーのブラックオールド・パーヘネシーを飲んでみましたが、全く味がしません。まぁ、一番マシなのが一番安いジョニーのブラックでした(笑)。スコッチもここまで落ちたか!と思いましたが、値段を考えると割が合いません(笑)。ブランデーのヘネシーも、最悪に香りも何にもない、薄いだけのクズになっていました。オールド・パーも全く同じです。かつてのスコッチを知っておられた方は、買わないでください(笑)。で、何故、外国で伝統的に精算されている手法を守っているはずの物が、こんなに薄くなったのか知っておられる方は教えてください。補足そもそもスコッチは大変上品で、香りが立体的で非常においしいお酒でした。アルコール度数が高いので、飛ばしたりして調節することができるようです。でも、最近のこのスコッチやブランデーは以前のものとは全く違い、薄すぎて商品価値が全く無く、「中国製のバッタ物」となんら変わらない商品になりました。カクテル系のハードドリンク、ビール、トマトジュースまで最悪に不味い飲み物になりました。カラオケで注文すれば、あるいはカクテルが飲めたりするのかもしれませんが、それも昔に比べたら全然味が落ちています。この、バーに置いてあるような定番のものが、最悪になっている状況は非常にしんどいですね。ウィスキーやブランデーは、別に変な化学物質で合成されているわけではなく、伝統的な方法で「品質」が守られているもののはずですが、過去の商品とはまるで違い、「なんやこれ?味がせえへん!」となっているのが全く理解できません。最悪な状態ですが、外国が自分の国の「十八番」を自ら殺すとは思えないので、非常に「奇っ怪」です。共感した0###造り手のレベルも下がったが、消費者のレベルはそれ以上に下がった。 だから、造り手が甘えている。とも言える。50年前の1000円と現在の1000円が同じ価値と思っている馬鹿が多すぎる。ナイス0
###この造り手のレベルが下がるという現象がおかし過ぎますね。あんなに美味しかったものが、今や味すらしない。国を挙げての商品が落ちるというのもおかし過ぎる。貨幣価値に関しては確かにそうですが、そのクオリティに合った価格であれば、買えると思いますね。
###この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!###昔のオールドボトルをヤフオクで落札するしかありません。ジョニ赤なんかでも状態がよければ美味いです。現行のブレンデッドは薄いものばかりです。外国でもライトタイプのものが好まれると聞いたことがあります。イギリスの若者もウイスキーは飲まずにジンやビールを好むようです。ナイス0
###昔とは生産・出荷量が桁違いに増えているために、相対的に品質が犠牲になっているのだと思います。中国やインドでもウイスキーやブランデーは人気を博しているそうです。昔は12年ものの原酒から厳選されたもののみを使うのみならず、もっと長期熟成の原酒も加えてブレンドしていたものが、仕入れた12年熟成原酒を全て上手いこと使い切ってブレンドするようにしなければならなくなっているとしたら?原価・売価は抑えることができますが、中身の質はどうしても「それなり」のものにならざるを得ませんよね。おっしゃっている「昔」というのがどのくらい前のことなのか分かりませんが、例に挙がっている王道銘柄の価格は昨今ウイスキー高騰が話題になる中でも下がることはあっても上がることはなく推移していると思います。もちろん昔よりは今の方がライト&クリーンな香味のウイスキーやブランデーを喜ぶ人が増えている、という事情も無関係ではないと思いますがやはり「値段なりのお味になっている」というのが一番の要因だと思いますね。ナイス0

 

TAG