東京オリンピックまでに、南海トラフ地震は来

Writer: admin Type: regalmach Date: 2019-01-05 00:00
東京オリンピックまでに、南海トラフ地震は来ますか?共感した0###【東京オリンピックまでに、南海トラフ地震は来ますか? 】(wm21r1278t1g3fさん)・「東京オリンピックまで」あと2年弱ですが、「次の南海トラフ巨大地震」まであと16年弱(2018年12月)※と言ってますので・・・。※『(算定基準日 平成30年(2018年)1月1日(平成30年2月9日))領域または地震名:南海トラフの地震(第二版)・南海トラフ 長期評価で予想した 地震規模 (マグニチュード):M8~9クラス、 地震発生確率(注1): 10年以内:30%程度、 30年以内:70%~80%、 50年以内:90%程度もしくはそれ以上、 地震後経過率 (注2):0.82、平均発生間隔(注1)・最新発生時期 :(次回までの 標準的な値(注3)88.2年)・72.0年前注1: これらの評価は、基準日を元に更新過程を適用。また、三陸沖北部から房総沖の海溝寄りの地震、三陸沖北部のひとまわり規模の小さい地 震、福島県沖の地震、千島海溝沿いのひとまわり規模の小さい地震および沈み込んだプレート内の地震、日本海東縁部の秋田県沖の地震、 佐渡島北方沖の地震、日向灘および南西諸島海溝周辺の地震、相模トラフ沿いのその他の南関東のM7程度の地震については、ポアソン過程 を適用。注2: 最新発生時期から評価時点までの経過時間を、平均発生間隔で割った値。最新の地震発生時期から評価時点までの経過時間が、平均発生間 隔に達すると1.0となる。注3: 過去に起きた大地震の震源域の広がりには多様性があり、現在のところ、これらの複雑な発生過程を説明するモデルは確立されていないた め、平成25年5月に公表した長期評価(第二版)では、前回の長期評価を踏襲し時間予測モデルを採用した。前の地震から次の地震までの標準的な発生間隔は、時間予測モデルから推定された88.2年を用いた。また、地震の発生間隔の確率分布はBPT (Brownian Passage Time)分布 に従うと仮定して計算を行った。』■政府 地震調査研究推進本部:「活断層及び海溝型地震の長期評価結果一覧(2018年1月1日での算定)(平成30年2月9日)」<http://www.jishin.go.jp/main/choukihyoka/ichiran.pdf>「(次回までの 標準的な値(注3)88.2年)」ー「最新発生時期 :72.0年前」=16.2年ナイス0
###https://twitter.com/DPCgov/status/1077998658245795840誰にもわかりません

 

TAG