異世界のんびり農家というラノベのコミカライ

Writer: admin Type: regalmach Date: 2019-01-05 00:00
異世界のんびり農家というラノベのコミカライズについてこの作品のファンの方はあまり良い感情を持たないと思います。ご承知ください。こういうジャンルの漫画を調べていたところ、オススメされていたので、読んでみたのですが、設定的には面白いと思ったのですが、なぜかどうしても「次の巻も読みたい」と思えなかったので、なぜなのかを考えてみたところ、思ったことが①ナレーション(長方形の吹き出し)が多すぎて、キャラの心情だとかがわからない②一目惚れでもないのに、出会って1ページでヒロインがデレて主人公プロポーズして一線超えてるの二点だと思いました。同じような感想を持った人っていますか?あと、①のような漫画ってみたことないのですが、他にあるのですか?共感した0###あれは『ナレーション』と言うより『モノローグ』かと。似ていますが当作は一人称なので。原作自体淡々と進んでいき、台詞そのものが少ないので究極にシンプル化されています。まさしくライトに。その為、心理描写などはありますがあえて情報量を抑えている、とも言えます。イージーハーレムも然り。まぁそっちは一応強者至上主義的な理論かなとも思ってますが。(強者に従う、強者との間に子孫を残す、とか)コミカライズは原作の淡々さを上手く表現できてると思います。他の漫画ではモノローグとかの多様自体タブーに触れやすいですが、同じくWeb小説原作の『Re:Monster』も似たような描写です。もっとも、多様自体は雰囲気作りの為にそうする作品もあるし特に対話する相手がいない作品だとそうなりがちだと思いますが、のんびり農家やRe:Monsterほど淡々ときちんと描く作品は珍しいですね。ナイス0
###ありがとうございました原作がそういうスタイルなんですね。知りませんでしたありがとうございました
###この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

 

TAG