中央省庁の障害者雇用水増し問題を受け、人事

Writer: admin Type: regalmach Date: 2019-01-12 00:00
中央省庁の障害者雇用水増し問題を受け、人事院が障害者限定で来年2月に実施する国家公務員試験に、計8711人が応募したことが21日分かった。採用予定は676人で、競争率は約13倍。公務員として働きたい障害者が多数いるにもかかわらず、省庁側が採用に消極的だった実態が浮き彫りになった。 応募期間は今月14日に終了しており、人事院が暫定値を公表した。申込者の内訳は、精神障害者が57%、身体障害者が40%、知的障害者が3%だった。主な勤務地域別では、関東甲信越が4033人(採用予定328人)で最多。近畿1483人(68人)、九州891人(51人)と続くと言うニュースがありますが皆さんはどう思われますか?共感した0###今回は採用側も応募側も初体験な訳ですが、偶然にせよ、思ったより普通の状況だったと思います。採用予定数に対して13倍ということなので、国家公務員の他の採用試験よりも倍率は低いです。ナイス0
###この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!###予想通りの結果です。でも、精神障害者がこおんなにも多いとは思いませんでした。本当は働けるのに、不正所得している方もいるのではないかと、心配です。ナイス0
###募集の内訳をみると中央省庁に集中していますが、通勤が大変であるだけでなく、住宅のこと、安い給料で生活が大変ではないでしょうか?国の失態がばれて慌てて採用するのでしょうが、相変わらずの試験問題、あれができないと常識がないと判断するのか?? 大学入試でも変化しているご時世、何十年何の改善もなく踏襲し続け、ましてや3障害の方たちに公平な試験といえるのでしょうかね。ここで不採用になった人達に、期限付きの非常勤のポストでも紹介し、とりあえず数合わせをするのではないかと案じられます。正規採用をして、国が民間の見本を示し、共生を目指してほしいものです。ナイス0
###想像していた通りでした。大手企業では採用していますが、思うように採用されず困っている方も多いですからね。ナイス0

 

TAG