指揮者について教えて下さい。オーケストラや

Writer: admin Type: regalmach Date: 2019-01-05 00:00
指揮者について教えて下さい。オーケストラや少人数のバンドでの指揮は違うでしょうが、クラッシック音楽には世界的に有名な指揮者は多く存在するが無名の指揮者との違いが判りません。果たして演奏から聴視者に伝わる音楽が変わるのでしょうか?楽器を扱う演奏者にもどのような変化があるのか解りませんし素人の私には指揮者の違いによる明確な差がどの様に表現されているのか全く分かりません。音楽に詳しい方や演奏者の人是非教えて下さい。共感した0###指揮者とオーケストラの関係は、イコールではないものの器楽の演奏家と楽器との関係にも近いです。同じ曲を様々なソロの演奏家による演奏で聴くと、一つ一つがテンポやニュアンス、フレーズなどの解釈が異なることに気が付けると思います。オーケストラの場合は何十パートもの様々な楽器が絡むので、そうしたニュアンスなどの違いが聴き取りにくいかもしれませんが、指揮者によってそうした楽曲の解釈が異なります。さらに、指揮者は本番の指揮はもちろん、その本番の演奏に繋げるためのリハーサルの進め方も重要です。特にプロのオーケストラだとリハーサルの時間は限られます。その中で指揮者は解釈を的確に伝え、楽団員を統率し、本番の良い演奏につなげなければいけません。実は、本番の指揮以上にリハーサルを円滑に進められるかも、良い指揮者の条件です(例えば指揮者のコンクールでは、短時間のリハーサルが円滑に進めばオーケストラは良い演奏をしてくれますし、上手くいかなければ本番の演奏に悪影響があるわけです)。リハーサルを円滑に進めるには、ソルフェージュ能力(何十パートをきちんと聴き分ける)、語彙力なども高い水準で求められます。無名の指揮者の中にもやはり実力のある人がいないとは限りませんが、こうした様々な要素の中で、オーケストラをどこまで掌握できているかで、演奏が変わってきます。独奏曲と異なり管弦楽曲は各パートの細部まで聴き取るのは難しいですが、オーケストラスコアなども見ながら聴くと、より指揮者がどのように音楽を作っているか、その意図が読み取れるかもしれません。かのカラヤンは、オーケストラが盛り上がる演奏は三流、オーケストラと聴衆が盛り上がる演奏は二流、オーケストラは冷静なまま聴衆だけを盛り上がらせる演奏が一流、という言葉を残しています。そうした指揮者とオーケストラの関係も想像すると、指揮者の違いもさらに楽しめるでしょう。ナイス0
###楽器と奏者の相性が在る様に指揮者との相性も在ると言うことですね。大変丁寧な説明に納得致し且勉強になりました。これからは耳だけでは無く眼を見開き視聴致します、有難う御座いました。

 

TAG