7月6日に、緊急放送で、福岡の遠賀川が氾濫危険

Writer: admin Type: regalmach Date: 2019-01-09 00:00
7月6日に、緊急放送で、福岡の遠賀川が氾濫危険を知り、ネットで情報をとっていました。その時、昭和28年に、旧鞍手郡植木町で決壊大惨事があったことを知りました。その惨事は、今回のように一か所にとどまらず広範囲にあったとの事で、西日本水害と言われ、戦後最大の洪水被害ともいわれたそうです。そのため、多くの方が復興のために尽力されたそうです。(地元の町長をはじめ、旧中間町・鞍手町・遠賀村や北九州の有権者や学生まで様々な方がいて、東京に募金・陳情に行かれたそうです)各地には有権者の記念碑がありますね!地元の高齢者は、ここも大変やったけがあまり知られとらんといわれます?それで、知りたいんです。これも知る人は少なくなっていきます!本題ですが、この時、植木に河川防波堤の修復後に記念碑が作られたそうです。今はどうなっているか、ご存知ないでしょうか?それを見に行くには、どこからどうやって行くのか教えて下さい?共感した0###それは、今回の混乱が一段落して、静まった後、たぶん、3か月後に、市役所に往復はがきで問い合わせてください。そのほうが正確な情報が得られるでしょう。ナイス0
###この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

 

TAG